橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」

オススメ情報

美しい曲線を描く清洲橋

美しい曲線を描く清洲橋

清洲橋は、少し下流にある永代橋と同じく昭和3年に竣工した、隅田川にかかる橋です。全長186.3メートルで、清洲橋通りが通っています。

名前の由来ですが、橋の両岸が中央区「中洲」町と深川「清澄」町であるため、それぞれの地名から一文字ずつとって付けられました。

隅田川で一番美しいといわれている清州橋

昼間の清洲橋

昼間の清洲橋

現在の橋は、永代橋とともに関東大震災の復興計画の一環として架橋されました。

設計に際しては美観を重視したこともあり、 永代橋のアーチ型に対してドイツのケルンにあった橋をモデルにした優美な吊り橋に(ケルンの吊り橋は、残念ながら今はもうないそうです)。

その美しさは隅田川にかかる多くの橋の中でも抜きん出ています。

自定式吊綱橋という形式の橋で、連続した捕綱桁というものを設け、垂直のケーブルの両端をそれに結合するという世界的に見ても珍しい形をしています。

清州橋、実は国の重要文化財

清洲橋の夜景

清洲橋の夜景

隅田川の下流にある、勝どき橋および永代橋とともに平成19年に国の重要文化財(建造物)に指定されています。 都道府県の道路橋としては初めての指定で、これらの橋がいかに文化史的、芸術的に重要なものであるかがわかりますね。

清洲橋も夜はライトアップされ、優美な姿を一層引き立てます。両岸の夜景とともに楽しむのがベストでしょう。

■清州橋(きよすばし)
住所:東京都中央区日本橋中洲~江東区清澄1丁目

≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

▼屋形船で隅田川を遊覧「必見!橋5編」
映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」
実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」へ
忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」
橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」
浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!Topへ

関連記事

  1. 晴海屋の大型船「白鷺」

    オススメ情報

    大人数で屋形船に乗りたい人にぴったりな超大型船徹底取材!

    団体で乗るイメージが強い屋形船ですが、一隻に何人乗船できるのでしょうか…

  2. 屋形船の服装におすすめな着物

    オススメ情報

    どんな服装で屋形船に乗る?注目の着物イベント突撃取材(1)昔の着物と今の着物編

    屋形船には着物が似合う!でも普段あまり着慣れていないゆえに、どんな風に…

  3. 店員さんに焼いてもらうとあっという間

    オススメ情報

    屋形船でも大人気!下町B級グルメもんじゃ焼きの聖地「月島」

    月島は、もんじゃ焼きの街ともいわれているほど、名店がひしめいています。…

  4. 隅田川水辺の風景

    オススメ情報

    【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!

    東京の屋形船というと、隅田川をゆったり航行するイメージがあります。趣の…

  5. 隅田公園桜まつり会場入口

    オススメ情報

    台東区側は「隅田公園桜まつり」!屋形船からも賑わいが見えます

    「隅田公園桜まつり」は桜の名所・隅田公園で開催される台東区側のお祭。浅…

  6. 江戸川区にある「篠原風鈴本舗」

    オススメ情報

    屋形船の前に東京街歩き!音を愛でる文化を今に伝える「江戸風鈴」の魅力編

    暑い夏を涼しく過ごす工夫として、家の軒先で心地よい音色を奏でてきた「風…

最近の記事

  1. 品川船宿が集まる船溜まり
  2. お花見屋形船
  3. クルーズ参加レポート
  4. 天王洲アイルイベントレポート
  5. 天王洲キャナルフェス2019
PAGE TOP