橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」

オススメ情報

美しい曲線を描く清洲橋

美しい曲線を描く清洲橋

清洲橋は、少し下流にある永代橋と同じく昭和3年に竣工した、隅田川にかかる橋です。全長186.3メートルで、清洲橋通りが通っています。

名前の由来ですが、橋の両岸が中央区「中洲」町と深川「清澄」町であるため、それぞれの地名から一文字ずつとって付けられました。

隅田川で一番美しいといわれている清州橋

昼間の清洲橋

昼間の清洲橋

現在の橋は、永代橋とともに関東大震災の復興計画の一環として架橋されました。

設計に際しては美観を重視したこともあり、 永代橋のアーチ型に対してドイツのケルンにあった橋をモデルにした優美な吊り橋に(ケルンの吊り橋は、残念ながら今はもうないそうです)。

その美しさは隅田川にかかる多くの橋の中でも抜きん出ています。

自定式吊綱橋という形式の橋で、連続した捕綱桁というものを設け、垂直のケーブルの両端をそれに結合するという世界的に見ても珍しい形をしています。

清州橋、実は国の重要文化財

清洲橋の夜景

清洲橋の夜景

隅田川の下流にある、勝どき橋および永代橋とともに平成19年に国の重要文化財(建造物)に指定されています。 都道府県の道路橋としては初めての指定で、これらの橋がいかに文化史的、芸術的に重要なものであるかがわかりますね。

清洲橋も夜はライトアップされ、優美な姿を一層引き立てます。両岸の夜景とともに楽しむのがベストでしょう。

■清州橋(きよすばし)
住所:東京都中央区日本橋中洲~江東区清澄1丁目

≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

▼屋形船で隅田川を遊覧「必見!橋5編」
映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」
実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」へ
忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」
橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」
浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!Topへ

関連記事

  1. いたばし花火大会

    オススメ情報

    【2019年】約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」

    隅田川花火大会に負けず劣らずの規模で開催される「いたばし花火大会」。荒…

  2. 江東花火大会

    オススメ情報

    【2019年】間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」

    「江東花火大会」は、屋形船から鑑賞できる、花火大会のひとつ。荒川河川敷…

  3. 浴衣美人は寸胴命

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て屋形船に乗ろう!(2)寸胴に仕上げる補正編

    屋形船にせっかく乗るなら、浴衣をきれいに着付けてみたい!ということで編…

  4. 着物コーディネート人気投票

    オススメ情報

    どんな服装で屋形船に乗る?注目の着物イベント突撃取材(3)人気の着物コーディネートご紹介編

    着物のコーディネートが知りたい!そんな人のために、「2018年きものサ…

  5. 2017年の隅田川・桜の様子

    オススメ情報

    人混みを避けてゆったり!隅田川のお花見は屋形船がおすすめ

    毎年大勢のお花見客でごった返す隅田川の桜並木。できればゆったり桜を見な…

  6. 華やかな吹き寄せのお菓子

    オススメ情報

    なんでもそろう問屋街「蔵前・浅草橋」屋形船の乗船エリア多数

    問屋街として有名な蔵前から浅草橋界隈。隅田川テラスという遊歩道も伸びて…

最近の記事

  1. 東京の花火大会・北区花火会
  2. 屋形船花火大会
  3. 夜は瑠璃花火が打ちあがるドルフィンプール
  4. お台場に上がる花火と屋形船
  5. 浅草は東京観光のシンボル
PAGE TOP