屋形船【千羽丸】のお料理プラン(月島)

屋形船お料理プラン

月島の屋形船なら「千羽丸」へ

もんじゃ焼き

「もんじゃ焼き」は東京・下町のローカルフード、なかでも有名なのが月島や浅草です。歴史を紐解くと、千利休が作らせた「麩の焼き」といわれる和菓子が源流とか。1819年(文政2年)の「北斎漫画」に「文字焼き屋」という絵があり、江戸時代には、もんじゃ焼きがあったといわれています。

「もんじゃ焼き」はこの「文字焼き」がなまったという説と、豪商のドラ息子「門次郎」が由来の2説あるそうです。

「千羽丸」は、屋形船の上でおいしいもんじゃ焼きを楽しみながら、わいわい、リーズナブルに盛り上がれることで大人気。鉄板の上で少しずつ変化していく味や触感を、駄菓子やおやつ感覚で楽しみましょう。

「千羽丸」プラン料金

●乗合プラン: お台場コース/大人1人6,000円(税抜)・浅草コース/大人1人7,000円(4月の第1土・日のみ運行、税抜)
●貸切プラン: 28万円(40名様分)から運行可能(1人当たり7,000円、税抜)
●子ども料金: 小学生 3,000円、4~6歳 2,000円(いずれも税抜)
※乗船料、お食事、飲み放題を含めた料金

屋形船の料金についてはこちら>>

「千羽丸」基本コース<通常メニュー>

もんじゃ焼き食べ放題、飲み放題。食材や飲み物は自由に持ち込み可能です。自分たちオリジナルの鉄板焼きをお楽しみください。

・めんたいもちチーズ
・千羽丸もんじゃ
・ぶた天
・焼きそば
・デザート

「千羽丸」飲み放題ドリンク内容

・缶ビール
・グレープフルーツサワー
・レモンサワー
・ウーロンハイ
・オレンジジュース
・ラムネ
・お茶
・ミネラルウォーター

その他メニューサービス

・食べ物・飲み物、持ち込み可(無料)
・苦手なもの、アレルギー対応可能
・ベジタリアン対応可能
・ハラール料理対応可能

【オプションサービス】
■英語表記のメニューあり(英語での対応も可能)
■花束、ケーキなど持ち込み可(無料)、ナイフ・フォーク・お皿など貸し出し可(誕生日ケーキなどでろうそくに火をつけるのも大丈夫です)

屋形船のお料理についてはこちら>>

「千羽丸」周遊コース

お台場コース(所要時間:約2時間)

●<4月第1土、日限定>浅草コース

「千羽丸」乗り場案内

<対応可能な乗り場> 朝潮小型船乗り場 千羽丸乗船場
<乗り場住所>東京都中央区晴海3-1付近

※桟橋工事中のため、2018年2月22日までは越中島桟橋乗船所(〒135-0044 東京都江東区越中島1丁目3)の乗り場になります。月島駅4番出口、またはJR越中島駅1番出口からお越しください。

電車利用の場合

●都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」A4a出口より徒歩約6分

「千羽丸」出船時刻

<乗合船/貸切船>
1日3便(12時、15時30分、19時)桟橋集合(11時40分、15時10分、18時40分)
12月土曜日乗合船のみ18時50分出航(桟橋集合18時30分)
平日月曜日は貸切船のみ運航(祝日月曜日は通常営業)

※出航の20分前には桟橋に集合されます様お願い致します。

【座席】
●総席数 114席(60名まで貸切可能)

【付帯設備】
●洋式トイレ
●喫煙可

関連記事

  1. 屋形船・新船組(オーシャンクルーズ)

    屋形船お料理プラン

    屋形船【新船組】のお料理プラン(晴海・お台場・竹芝桟橋)

    海上のエンタテイメントを追求する屋形船「新船組」。お料理や飲み物もバラ…

  2. 浜松町の船宿「はしや」

    屋形船お料理プラン

    屋形船【はしや】のお料理プラン(浜松町)

    船宿「はしや」は浜松町駅から徒歩2分の好立地にあります。料理自慢の屋形…

  3. 屋形船お料理プラン

    屋形船【深川 吉野屋】のお料理プラン(深川・木場)

    「深川 吉野屋」の創業は昭和23年、木場でただひとつの船宿になってしま…

  4. 屋形船お料理プラン

    屋形船【あみ達】のお料理プラン(江戸川・一之江)

    1隻で最大128名まで乗船できる屋形船を2隻保有する船宿「あみ達」。1…

  5. 屋形船「あみ武」のお料理プラン

    屋形船お料理プラン

    屋形船【あみ武】のお料理プラン(江戸川)

    江戸川の屋形船「あみ武」は、伝統漁法「投網」パフォーマンスも楽しめる船…

  6. 浅草橋の船宿「野田屋」

    屋形船お料理プラン

    屋形船【野田屋】のお料理プラン(浅草橋)

    浅草橋駅から徒歩数分で到着する船宿「野田屋」。数々の船宿が軒を連ねる神…

最近の記事

  1. 屋形船で安心・安全に会食を楽しもう
  2. 屋形船の船宿が取り組むコロナ対策について
  3. 2017年の隅田川・桜の様子
  4. お花見屋形船
  5. 品川船宿が集まる船溜まり
PAGE TOP