【2024年】夏の東京花火大会はここからスタート!「足立の花火大会」

オススメ情報

スカイツリーと足立の花火

2024年足立花火大会開催決定!
開催日:2024年7月20日(土)※荒天中止
予備日:なし
時間:19時20分~20時20分
場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

数多く開催される東京の花火大会の中で、先陣を切るのが、荒川の河川敷で行われる「足立の花火」です。東京の夏はここから始まるといっても過言ではありません!

その歴史は意外に古く、明治時代に千住大橋の落成を祝って、花火を打上げたのが始まりと言われ、その後、大正時代に今度は千住新橋の開通を記念して、「千住の花火大会」が開催されました。

戦争や河川敷の改修による一時中断もありましたが、100年の歴史を誇る伝統の花火大会です。

音楽にあわせて次々打ち上がる大輪の花

足立の花火大会

「足立の花火」の開催時間はわずか1時間なのですが、その間に約13,000発もの花火が打ち上がるという、大変密度の高い花火大会です。

後半はBGMも流れ、テンポのよい音楽にあわせて、大会名物のナイアガラや、桜の花をイメージした花火など、豪華な大輪の花が夜空に咲き乱れます。

数ある東京下町の花火大会では、一番最初に開催される大会。スターマインもみどころです。

20234年は6月上旬より「第46回足立の花火」の有料席券発売スタート。屋形船に間に合わなかった方はぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

荒川河川敷でもいいですが、ここはやっぱり屋形船で!

足立の花火は屋形船

会場が荒川河川敷のため、土手の斜面等に座って観覧できるのも特徴。

打ち上げは千住側ですので西新井側は対岸になってしまいますが、西新井側のほうが河川敷が広いので、ゆったりと花火を観賞することができます

ただし、会場はいずれも最寄り駅から少し歩く距離であるうえに、当日は交通規制もしかれますので、さらに時間がかかります。

そんな時、水上からゆったり見物できる屋形船は魅力的な選択肢のひとつになりますね。

「足立の花火大会」屋形船予約の注意点

北千住周辺の荒川

足立の花火大会は、打ち上げ時間が1時間と短いですが、約1万2先発の花火が次々と夜空を彩る光景はため息がでます。

主催者側で出船できる船の数を制限しているため、抽選で当たった船宿だけが運行できる仕組み。予約は早い者勝ちになっています。

貸切屋形船の運行は最低30~40名以上のところが多いようです。また、乗合屋形船はだいたいゴールデンウィーク明けごろから募集を開始し、最低2名からとなっています。

足立の花火大会の屋形船料金・お料理について

花火大会実行員会により、屋形船の観覧会場エリアが限定されています。

また、事故防止のため、16時30分頃から荒川水面で水上規制が行われるため、どの船宿も早めに出船して、よりよい場所から観覧できるように設定。所要時間も通常なら2時間30分~3時間のところ、6時間というところもあるようです。

足立の花火大会で屋形船を予約する場合は、以下の点をご留意ください。

  • 料金は例年33,000円から
  • お料理は特製弁当もしくは通常の会席料理のところもあり
  • 貸切屋形船は30名~40名以上からが多い
  • 貸切屋形船の予約は1年前から、乗合貸切船はGW明けからが目安
  • 花火大会順延の場合は船宿で対応が異なるので事前確認を!

足立の花火大会の屋形船乗船場所について

荒川・江戸川だけではなく、お台場エリアから出船する屋形船もあります。詳しくは「屋形船の達人」へおたずねください。

<足立の花火大会会場概要>
開催日:例年7月下旬(2024年は7月20日) 19時20分~20時20分
足立区観光交流協会ホームぺージ
■荒川河川敷の千住側(堤南)から打ち上げ
JR常磐線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス・東京メトロ日比谷線&千代田線「北千住」駅、東武スカイツリーライン「菅」駅・「五反野」駅・「梅島」駅、日暮里・舎人ライナー「足立小台」駅

≫東京の屋形船で花火大会大会を楽しむには?予約方法解説

▼屋形船で隅田川の花火を楽しむシリーズ
特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!
歴史は浅いが都内屈指の規模を誇る「東京湾大華火祭」【現在休止中】
間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」
夏の花火大会はここからスタート!「足立の花火大会」
柴又帝釈天のおひざ元!「葛飾納涼花火大会」は屋形船もOK?
実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」
約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」
地元が力を合わせて盛り上げる「北区花火会」
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!TOPへ

関連記事

  1. 晴海屋の大型船「白鷺」

    オススメ情報

    大人数で屋形船に乗りたい人にぴったりな超大型船徹底取材!

    団体で乗るイメージが強い屋形船ですが、一隻に何人乗船できるのでしょうか…

  2. 品川浦の船溜まり

    オススメ情報

    【保存版】品川×屋形船はこうして楽しむ!

    品川駅から屋形船の乗り場までは意外に近く、仕事帰りに気軽に利用できると…

  3. 江東花火大会

    オススメ情報

    【2024年】間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」

    「江東花火大会」は、屋形船から鑑賞できる、花火大会のひとつ。荒川河川敷…

  4. 華やかな吹き寄せのお菓子

    オススメ情報

    なんでもそろう問屋街「蔵前・浅草橋」屋形船の乗船エリア多数

    問屋街として有名な蔵前から浅草橋界隈。隅田川テラスという遊歩道も伸びて…

  5. 店員さんに焼いてもらうとあっという間

    オススメ情報

    屋形船でも大人気!下町B級グルメもんじゃ焼きの聖地「月島」

    月島は、もんじゃ焼きの街ともいわれているほど、名店がひしめいています。…

  6. 浴衣美人は寸胴命

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て屋形船に乗ろう!(2)寸胴に仕上げる補正編

    屋形船にせっかく乗るなら、浴衣をきれいに着付けてみたい!ということで編…

最近の記事

  1. 葛飾納涼花火大会
  2. 足立の花火大会
  3. 江戸川と市川合同開催花火大会
  4. いたばし花火大会
  5. 江東花火大会
PAGE TOP