浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社

オススメ情報

隅田川に架かる吾妻橋

隅田川の遠くから吾妻橋を臨む

吾妻橋は数多い隅田川の橋の中でも、一番観光客になじみがある橋でしょう。

雷門通りが通り、西側には浅草寺などを擁する浅草の街。東側はアサヒビールの社屋や墨田区役所があり、さらに東に少し歩くと、いまや東京の観光名所としてすっかり有名になった東京スカイツリー(R)があります。

まさに東京観光地の中心といってよいでしょう。

また、屋形船の吾妻橋乗船場も吾妻橋の西詰にあります。

庶民が作った吾妻橋

吾妻橋をくぐる前が、スカイツリーとアサヒビール本社の撮影ポイント

吾妻橋をくぐる前が、スカイツリーとアサヒビール本社の撮影ポイント

その歴史は江戸時代の安永3年までさかのぼります。

吾妻橋の前に架橋された下流の両国橋は幕府の手によるものですが、吾妻橋は地元に住む人々によって作られました。

名前の由来には諸説ありますが、初めて架けられたころは「大川橋」という名称でした。これが東岸にある「吾嬬神社」への道筋にあたることから、「吾妻橋」になったという説があります。

欄干などは赤く塗装されており、よく目立つ印象的な姿をしています。

春夏秋冬の隅田川を楽しめる観光地

アサヒビール社屋との夜景は、ぜひ屋形船のデッキから写真に収めたい

アサヒビール社屋との夜景は、ぜひ屋形船のデッキから写真に収めたい

一年中、観光客でいっぱいの吾妻橋周辺ですが、特に春の桜で有名な隅田公園は吾妻橋のすぐ北にあり、また夏の隅田川花火大会のメイン会場もこの橋の近くということで、一層にぎわいます。

また、東京スカイツリー(R)がよく見える場所でもあります。

もちろん、屋形船の目的地としても、もっとも人気がある場所のひとつです。船の上でも、船を降りても楽しめること間違いなし!

■吾妻橋
住所:東京都台東区雷門2丁目・花川戸1丁目~墨田区吾妻橋1丁目

≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

▼屋形船で隅田川を遊覧「必見!橋5編」
映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」
実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」へ
忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」
橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」
浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!Topへ

関連記事

  1. 一般的なマイクロバス

    オススメ情報

    屋形船の乗り場まで貸切マイクロバスで送迎が便利!何人乗れる?料金はいくら?

    屋形船の乗り場まで貸切バスで送迎してもらえるとラクラク!自宅近くから出…

  2. 品川浦の船溜まり

    オススメ情報

    【保存版】品川×屋形船はこうして楽しむ!

    品川駅から屋形船の乗り場までは意外に近く、仕事帰りに気軽に利用できると…

  3. 浴衣を着て屋形船に乗ろう

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て屋形船に乗ろう!(5)浴衣の帯を締める編

    浴衣の着付けにチャレンジする編集部女子2名。いよいよ最後の帯を結ぶとこ…

  4. 夜は瑠璃花火が打ちあがるドルフィンプール

    オススメ情報

    屋形船の乗船場所近くで開催される7月限定イベント情報3選

    仕事帰りに気軽に屋形船を楽しめる乗船場所としておすすめの品川!今回は2…

  5. 江戸川と市川合同開催花火大会

    オススメ情報

    【2019年】実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」

    「江戸川区花火大会」は、江戸川エリア周辺の屋形船が周航する花火大会。場…

  6. 小名木川の屋形船

    オススメ情報

    【保存版】深川・門前仲町・清澄白河×屋形船はこうして楽しむ!

    古くから掘割が張り巡らされ、江戸へ物資を運ぶ水運が発達してきた深川。隅…

最近の記事

  1. お花見屋形船
  2. クルーズ参加レポート
  3. 天王洲アイルイベントレポート
  4. 天王洲キャナルフェス2019
  5. 東京の花火大会・北区花火会
PAGE TOP