【2019年】実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」

オススメ情報

江戸川と市川合同開催花火大会

2019年江戸川花火大会開催決定!
開催日:2019年8月3日(土)
予備日:2019年8月4日(日)
時間:19時15分~20時30分
場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
※2020年オリンピック開催のため、5月23日(土)開催になります。

江戸川の河川敷(都立篠崎公園先)で毎年8月の第1土曜日に行われる、江戸川区の花火大会です(市川市との共同開催)。

観覧会場は江戸川を挟んで江戸川区側と市川市側に分かれていますが、両岸あわせた見物客の数は非常に多く、あの隅田川花火大会を抜いて観客数日本一になったこともあるらしいです。

打ち上げ場所は江戸川区側の河川敷で、混みあうのも江戸川区側。ゆったり見たいと、市川市側で見る人もいるようです。

多彩なテーマとたくさんの打ち上げ数で、目が離せない花火大会

花火土あげ数1万4千発

打ち上げ数は約14000発という、大規模な花火大会です。間近で見る花火は迫力満点で、打ち上がるたびに周囲から歓声が上がります。

「エキサイティング花火」と銘打ち、趣向を凝らした華やかな花火が特徴です。

大会の全体の流れは、8つのテーマから構成されています。それぞれのテーマでBGMにあわせて、華麗な花火が打ち上げられます。

まず、最初の5秒間に一気に1000発も打ち上がる大迫力のオープニングには圧倒されます。 その後も次々とテーマが変わり、それぞれ趣の異なる花火が打ち上がるため、最後まで夜空から目が離せません!

江戸川も交通規制あり!屋形船なら安心してお任せ

江戸川の航行規制があるので屋形船が安心

ちなみに、当日は川岸も水上も大混雑。江戸川も船で渋滞するため、会場近くに行く船は事前に許可が必要です。

自分で許可を取るのは大変ですが、屋形船なら安心・便利でおすすめです!

江戸川区側と市川区側の同時開催では迫力満点。昨年はあっというまに満席になってしまい、隅田川花火大会同様、人気の屋形船花火コースになっています。

「江戸川区花火大会」屋形船予約の注意点

江戸川花火大会会場の様子

江戸川区花火大会を屋形船で観覧する場合は、一般のプレジャーボートとは分けて指定されています。

ちなみに市川側の行徳河動堰(行徳橋)からは、観覧水域へ行けません。江戸川閘門を通過して向かうことになります。

貸切屋形船の運行は最低30~40名以上で、乗合船の運行は旅行会社のツアーなどで販売されることがあるようです。

江戸川区花火大会の屋形船料金・お料理について

花火の打ち上げ時間は19時15分からですが、安全対策のため、14時30分から大会終了後の安全確認ができるまで水上規制が敷かれます。

昨年、運行した屋形船は江戸川区の一之江に乗船場がある「あみ達」「あみ弁」鹿骨にある「船宿 豆や」「瀬川丸」東葛西にある「西野屋」などです。

江戸川区花火大会で屋形船を予約する場合は、以下の点をご留意ください。

  • 料金は例年25,000円(税別)以上
  • お料理は通常の会席料理のところが多い様子
  • 貸切屋形船は30名~40名以上からが多い
  • 貸切屋形船の予約は1年前から
  • 花火大会順延の場合は船宿で対応が異なるので事前確認を!

江戸川区花火大会の屋形船乗船場所について

船宿によって異なりますが、江戸川に乗船場があるところがほとんどです。詳しくは「屋形船の達人」へおたずねください。

<江戸川区花火大会会場概要>
開催日:8月の第1土曜日 19時15分~20時30分
江戸川区ホームぺージ
市川市民納涼花火大会ホームぺージ
■江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
アクセス:JR総武線「小岩」駅、都営新宿線「篠崎」駅
■市川会場・行徳会場
アクセス:JR総武線「市川駅」南口から徒歩約15分、東京メトロ東西線「妙典駅」から徒歩20分など

 

≫江戸川で屋形船に乗る前に街歩き!江戸風鈴の魅力
≫東京の屋形船で花火大会大会を楽しむには?予約方法解説

 

▼屋形船で隅田川の花火を楽しむシリーズ
特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!
歴史は浅いが都内屈指の規模を誇る「東京湾大華火祭」【現在休止中】
間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」
夏の花火大会はここからスタート!「足立の花火大会」
柴又帝釈天のおひざ元!「葛飾納涼花火大会」は屋形船もOK?
実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」
約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!TOPへ

関連記事

  1. 江東花火大会

    オススメ情報

    【2019年】間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」

    「江東花火大会」は、屋形船から鑑賞できる、花火大会のひとつ。荒川河川敷…

  2. 両国国技館

    オススメ情報

    隅田川の花火発祥の地「両国」

    「両国」には、東京・下町観光で、浅草の次に訪れたいエリア。すぐ近くの蔵…

  3. 運搬用の車が走り回る築地市場

    オススメ情報

    屋形船のお料理はココで食材調達!活気に満ちた「築地市場」【豊洲に移転】

    「築地市場」は東京の人気観光スポット。2018年10月7日に江東区豊洲…

  4. 東京湾大華火祭り

    オススメ情報

    歴史は浅いが都内屈指の規模を誇る「東京湾大華火祭」【現在休止中】

    東京湾・お台場を舞台に開催される「東京湾大華火大会」。打ち上げ花火の数…

  5. 着物コーディネート人気投票

    オススメ情報

    どんな服装で屋形船に乗る?注目の着物イベント突撃取材(3)人気の着物コーディネートご紹介編

    着物のコーディネートが知りたい!そんな人のために、「2018年きものサ…

  6. 浅草・ほうずき市 風鈴

    オススメ情報

    屋形船の前に東京街歩き!音を愛でる文化を今に伝える「江戸風鈴」歴史編

    暑い夏に涼を呼ぶ「風鈴」の音色。日本人の暮らしの中で、過ごしやすくする…

最近の記事

  1. 展望スペースからはお台場の絶景が
  2. 屋形船花火大会
  3. 江東花火大会
  4. いたばし花火大会
  5. 江戸川と市川合同開催花火大会
PAGE TOP