【2019年】約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」

オススメ情報

いたばし花火大会

2019年いたばし花火大会/戸田橋花火大会開催決定!
開催日:2019年8月3日(土)
予備日:2019年8月4日(日)
時間:19時15分~20時30分
場所:板橋区側は荒川南岸(東京都板橋区・都営三田線側)
※2020年オリンピック開催のため、5月23日(土)開催になります。

「いたばし花火大会」は東京都側の板橋区と埼玉県側の戸田市が合同で開催する花火大会です。

場所は荒川の河川敷で、戸田市側と合わせて1万2千発を超える花火が打ち上げられ、隅田川花火大会に引けを取らない見ごたえのある大会になっています。

尺五寸玉や100発以上の尺玉を安全に打ち上げられるのは、東京都内でも例がなく、総延長700mの「大ナイヤガラの滝」は、関東最長といわれ、毎年大歓声が上がるポイントです。

戸田市側も負けていません!頭上で花開く大輪の華火

頭上で花火が打ちあがる大迫力

戸田市側は、打ち上げ場所と観覧席が一体となり、花火があたかも頭上に打ちあがるかのような大迫力に圧倒されます。

伝統的な「牡丹」や「菊」といった、昔からの花火から、人気アニメのキャラクターや動物をかたどった「蝶々(型物)」、現代的なカラフルで大がかりな仕掛け花火まで、飽きさせない構成。

特に最後を飾るウルトラスターマインは圧巻の迫力といわれていますよ。

屋形船は旅行会社がチャーターして運行する場合あり

濱田屋が屋形船を運行

他の花火大会に比べ、船の数が少ないこともあり、比較的ゆったり見れると評判だそう。ビール片手に水上から花火見物は、ちょっと特別感があっていいですよね。

チャータークルーズなどを請け負っている旅行会社などで、貸切特別運行もされているようです。

<いたばし花火大会会場概要>
開催日:8月の第1土曜日 19時15分~20時30分
いたばし花火大会ホームぺージ
戸田橋花火大会ホームぺージ
■板橋区荒川河川敷
アクセス:都営三田線「高島平駅、西台駅、蓮根駅」、JR埼京線「浮間舟渡駅」下車、各駅より徒歩約20分
■埼玉県戸田市 荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷
アクセス:JR埼京線戸田公園駅

≫東京の屋形船で花火大会大会を楽しむには?予約方法解説

▼屋形船で隅田川の花火を楽しむシリーズ
特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!
歴史は浅いが都内屈指の規模を誇る「東京湾大華火祭」【現在休止中】
間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」
夏の花火大会はここからスタート!「足立の花火大会」
柴又帝釈天のおひざ元!「葛飾納涼花火大会」は屋形船もOK?
実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」
約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」
地元が力を合わせて盛り上げる「北区花火会」
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!TOPへ

 

関連記事

  1. 屋形船から勝どき橋を臨む

    オススメ情報

    実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」

    「勝鬨橋(かちどきばし)」は、隅田川やお台場を周航する屋形船の定番スポ…

  2. 隅田川に架かる吾妻橋

    オススメ情報

    浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社

    吾妻橋は、浅草とスカイツリーの間に架かる橋。橋のたもとには、水上バスの…

  3. アーチ型の美しい永代橋。実は国の重要文化財

    オススメ情報

    忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」

    「永代橋」は隅田川にかかる橋。屋形船の定番みどころの一つです。現在の橋…

  4. 隅田川水辺の風景

    オススメ情報

    【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!

    東京の屋形船というと、隅田川をゆったり航行するイメージがあります。趣の…

  5. 櫻川流江戸芸かっぽれ亀戸道場の皆さん

    オススメ情報

    ミュージカル『刀剣乱舞』にも登場した「江戸芸かっぽれ」って何?亀戸で踊ってきた!【後編】

    江戸時代からの粋な踊り「「江戸芸かっぽれ」を体験しに櫻川流江戸芸かっぽ…

  6. 夜は瑠璃花火が打ちあがるドルフィンプール

    オススメ情報

    屋形船の乗船場所近くで開催される7月限定イベント情報3選

    仕事帰りに気軽に屋形船を楽しめる乗船場所としておすすめの品川!今回は2…

最近の記事

  1. 2017年の隅田川・桜の様子
  2. お花見屋形船
  3. 屋形船で安心・安全に会食を楽しもう
  4. 屋形船の船宿が取り組むコロナ対策について
  5. 品川船宿が集まる船溜まり
PAGE TOP