お花見を屋形船で楽しみたい!いつまでに予約するべき?【2019年度版】

オススメ情報

お花見屋形船
まだまだ寒い日が続いていますが、暦の上では2月4日から「立春」。
日も徐々に長くなり、気づかないうちに春の足音は近づいてきています。

日本人にとって春といえばやっぱり「お花見」。
燃えるような満開の桜の木の下で行うお花見はもちろん最高ですが、人気のあるスポットは人が多くて桜より人を見に行ったような印象が残ってしまうことも。。。

そんなときのオススメなのが、屋形船から楽しむお花見です。

今回は創業100年の老舗船宿「あみ達」さんにご協力いただいて、屋形船から楽しむお花見の魅力や、予約はいつぐらいからとっておいたほうがいいかなど、屋形船でお花見を楽しむポイントをご紹介します!

2019年桜の開花予報を待ってたら遅い?見ごろは運次第!?

満開の桜

2019年の開花予想が発表されました!

今年は東京が3月22日頃に開花、満開が3月30日頃。京都が3月23日頃に開花、満開が4月1日という感じです。さあ、屋形船を予約するなら急いでくださいね。

2018年の桜の開花は、全国的に平年より早い開花となってしまいました。東京では3月17日頃。最後の北海道・札幌で4月26日です。

予報では、東京のさくらの開花は平年並みからやや遅めの3/26、見ごろは4月の上旬とでていましたが、10日も早い開花でした。

桜はいつごろまで楽しめるかといいますと、過去の記録の平均を見てみると4/10前後のことが多いようです。強風によって早めに散ってしまうこともありますが、開花して2週間くらいは桜を楽しめそうですね。

いったん休眠に入った桜は、冬季に一定期間低温にさらされることで休眠から目覚めます。

2018年は1月下旬から2月にかけ、非常に厳しい寒さが続き、成長はやや遅れ気味でした。ところが、3月に入ってから暖かい日が多くなったために、一気に開花が進んでしまったようです。

お花見シーズンの屋形船はいつまでに予約すればいい?

お花見コースの屋形船

(写真提供:品川・中金

お花見を屋形船で楽しみたい!と思ったときに迷うのが予約の時期。

お花見シーズンの屋形船は、早く動き出さないと予約が取れないんです…!
ピーク時は1月の時点で、予約が入りはじめます。

「貸切」で屋形船を予約する場合と、少人数で「乗り合い」で屋形船を予約する場合、それぞれのケースでどのくらい前から予約が入ることが多いのでしょう?
あみ達さんに聞いてみました。

「貸切船と乗合船で予約の入り方は変わってくるのですが、どちらの場合でも一番込み合うのは4月の第一週の土日ですね。
乗り合いの場合は人数的にちょうど空いていれば直前で入ることもできるのですが、貸切の場合は船の数に限りがございますので早めに予約をとることをオススメしています。
この時期だと今からでも予約がとれないこともございます。(2017年1/13日現在)」

なるほど~。

確かに、4月の1週目は新入社員歓迎会などと絡めてお花見をする人が多そう!
ただ、2017年の場合は4/1がいきなり土曜日なので、翌週の4/8(土)~4/9(日)も混み合いそうですね。

お花見を貸切船で予約したい場合は、かなり早めに予約を入れておくことが必要なんですね~。

ちなみに2019年は3/30(土)、31(日)、4/6(土)、7(日)あたりがピークでしょうか。3月だとまだかもしれないし、4月1週目だと遅いかもしれないし、見極めが難しそう・・・。

桜の開花予報が発表されたら日程を決めて、すぐに屋形船の予約をとる、というのが確実ではないでしょうか!

桜の開花予報は毎年1月の3週目くらいに出ますので、お花見屋形船を狙う方は、急いでください…!

お花見屋形船のコースは?どこの桜が見られるの?

桜目指して屋形船が押し寄せるお花見屋形船のコースといえば、隅田川を上り、浅草~桜橋付近で停泊するのが定番。

東橋から桜橋にかけての約1kmにわたり、ソメイヨシノや枝垂れ桜が千本ほど植えられている都内屈指のお花見の名所「隅田川の千本杉」を楽しむ遊覧コースです。

普段お台場近辺を周遊する屋形船も、この時期は隅田川を上り桜橋付近まで行くコースに変更していることが多いです。所要時間は停泊時間を含めて2時間半くらい

「隅田川の千本杉」は歴史が古く8代将軍・徳川吉宗が隅田川沿いに治水対策として桜を植えたのがはじまりとなっています。

花見で人が集まることで川岸の地面が踏み固められ、さらに桜の根がはることで治水がすすむと考えられたので、桜の花が植えられたのだとか。

面白い発想ですね!

屋形船から夜桜

屋形船から夜桜も楽しめる 写真提供:あみ達

千本杉が植えられたのと同じ、江戸時代に船遊びは最盛期を迎えます。いにしえの人々も屋形船に乗ってお酒を飲みながら春の訪れを感じさせてくれる隅田川の千本桜を眺めたのでしょうか?

そんな感慨にひたりながら屋形船から桜を眺めていると、桜並木の向こうに煌々と輝いているのは今の東京を象徴する『東京スカイツリータワー』。

桜を通して昔と今が交差するような不思議な感覚にとらわれます。

屋形船のお料理は、各船宿ならではの味が楽しめる

おつくりと天ぷらが定番!

おつくりと天ぷらが定番! 写真提供:中金

ところで屋形船といえば気になるのがお料理の内容。都内のどこの船宿さんでも、お刺身や船内で揚げた天ぷらを定番で出すところが多いです。

中にはもんじゃを食べられるところもあり、テレビなどでも取り上げられて人気ですよね♪でも新鮮なお刺身や、揚げたての天ぷらを食べつつ、桜を見ながら美味しいお酒で一杯…なんてことができるのは屋形船の特権ですね♪

「あみ達」のお料理内容を聞いてみました。

「うちのお料理の売りは築地から仕入れる新鮮な魚介類のお刺身や船内で揚げるアツアツの天ぷら。
ボリュームたっぷりということもお客様にご好評です。

また、食べきれなかった天ぷらなどは持ち帰ることもできます。
お料理目当てに何度もご利用いただく方もいらっしゃいますよ。」

あったかい船内でゆったり桜眺める屋形船の魅力

屋形船の船内はあったかい!

屋形船の船内はあったかい! 写真提供:あみ達

お花見を屋形船で楽しむメリットはどんなところでしょう?

「屋形船の一番の良さは普段とは違う角度でおいしいものを食べながら優雅に花見が楽しめるということ。
他にも、室内であたたかくお花見を鑑賞できること、トイレがついているのでお酒を飲んでも安心、といった点も魅力だと思いますよ。

また、外の空気を吸いたくなったら展望デッキからお花見をお楽しみしていただくこともできます。
特に夜は肌寒いことが多いので外に出るときのために上着はご持参いただいたほうがいいかもしれませんね。」

昼と夜の温暖差が激しいこの時期に外で行うお花見は、寒い、トイレが混んでるからうかつにお酒も飲めない、など楽しい反面大変な事もしばしば。

そういった余計な心配をせずに、心ゆくまでお花見を楽しめるって本当に贅沢なことですよね~。

それに、公園で何時間も花見の場所取りをしなくて良い!という点も大きな魅力なのではないでしょうか…!

隅田川のお花見屋形船の予約はお任せください♪

お花見シーズンの屋形船まとめ。

  • 予約は早めに!1月の時点でも予約が入り始めてる
  • 特に4月の1週目土日が混む!
  • 隅田川を上り桜橋付近で停泊するコースが多い。
  • 揚げたての天ぷらや、新鮮なお刺身など料理を楽しめる
  • 船内は暖かいし、トイレも付いている

東京にいながら非日常が味わえる「屋形船」。一面に咲き誇る桜の花を水上から優雅に眺められたらどんなに素敵なことでしょう。

当サイトでは、今回ご協力いただいた「あみ達」はもちろん、数ある船宿からお客様の目的に合った船宿をご紹介いたします。

「今年は屋形船で花見を楽しみたい!」
「1つの船宿に聞いてみたけど予約が取れなかった…」

という方は、屋形船の空き状況を確認しますのでお気軽にお電話くださいね。

取材協力:あみ達
東京都江戸川区西瑞江4-1-20
TEL:03-3655-2780

 

▼関連記事
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!
≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

関連記事

  1. 江東花火大会

    オススメ情報

    【2019年】間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」

    「江東花火大会」は、屋形船から鑑賞できる、花火大会のひとつ。荒川河川敷…

  2. 隅田川花火大会

    オススメ情報

    【2019年】特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!

    東京都内で開催される花火大会は数々あれど、夏の風物詩として最も注目を集…

  3. 浴衣女子に大歓声があがる屋形船

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て!乗った!品川の屋形船「大江戸」さんで東京の夜景を満喫

    自分で浴衣が着付けられるようになったら屋形船のご褒美!ということで品川…

  4. 店員さんに焼いてもらうとあっという間

    オススメ情報

    屋形船でも大人気!下町B級グルメもんじゃ焼きの聖地「月島」

    月島は、もんじゃ焼きの街ともいわれているほど、名店がひしめいています。…

  5. 浅草は東京観光のシンボル

    オススメ情報

    屋形船で人気の乗船場所・浅草で開催される6月限定イベント情報3選

    屋形船の乗船場所として大人気の浅草!今回は2019年6月限定のおすすめ…

  6. 英語対応可能な屋形船

    オススメ情報

    屋形船を外国人に案内するには?英語ガイド可能な屋形船を徹底取材!

    屋形船は英語で何て説明する?外国人に案内してって頼まれたら?今回は20…

最近の記事

  1. 夜は瑠璃花火が打ちあがるドルフィンプール
  2. お台場に上がる花火と屋形船
  3. 浅草は東京観光のシンボル
  4. 展望スペースからはお台場の絶景が
  5. 屋形船花火大会
PAGE TOP