【2023年】間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」

オススメ情報

江東花火大会

2023年江東花火大会開催決定!
開催日:2023年8月11日(金・祝)
予備日:なし(小雨決行、風速7メートル以上等荒天の場合は中止)
時間:19時~20時
場所:荒川・砂町水辺公園(葛西橋~清砂大橋)

東京都内ではいろいろな自治体が花火大会を開催しますが、江東花火大会もそのひとつです。1982年(昭和57年)に砂町地域住民の融和と発展を願い、「砂町花火大会」という名称でスタートさせました。

2023年からは地域住民に代わり、新たに区が実行員会となり、開催されます。この大会は、荒川河川敷で行われ、近くには有名な砂町銀座商店街があるなど、下町情緒あふれています。

打ち上げ場所が河川敷にある観覧会場「荒川・砂町水辺公園」から、わずか150メートルしか離れていないのも特徴のひとつ。 台船から次々と打ち上げられるスターマインを間近で見ることができ、臨場感たっぷり。

打ち上げ数は4,000発と、都内の他の花火大会に比べると少しこぶりですが、30万人の見物客を集めるのも納得の大迫力です!花火の打ち上げを担当するのは、江戸時代から続く老舗「宗家花火鍵屋」。

まさに“鍵屋~!”の掛け声が似合う花火大会ですね。

開催日は8月11日(金・祝)、都内へ帰省されているご家族そろって楽しめます

開催日が決まってる江東花火大会

他の大会が土日開催が多いのに対して、江東花火大会は基本的に8月1日の開催のため、平日開催になることが多くありました。しかし、今年から区が主体的に開催することになり、8月11日(金・祝)と変更されています。

お酒と食事を楽しみつつ、水上からゆったりと花火を楽しめます。 納涼船で花火見物なんて、ちょっと粋な感じですよね。もちろん家族連れでもカップルでも楽しめます!

「江東花火大会」屋形船予約の注意点

荒川の屋形船

江東花火大会は、比較的こじんまりとした打ち上げとなりますが、屋形船の観覧場所との距離が近いため、目の前で打ちあがる臨場感が評判になっています。

このため、人気が高く、すぐに満席になってしまう場合も!

貸切屋形船の運行は最低25~40名以上のところが多いようです。また、乗合屋形船はだいたいゴールデンウィーク明けごろから募集を開始し、最低2名からとなっています。

江東花火大会の屋形船料金・お料理について

花火大会実行員会により、屋形船の観覧会場エリアが限定されています。

また、事故防止のため、16時30分頃から荒川水面で水上規制が行われるため、どの船宿も早めに出船して、よりよい場所から観覧できるように設定。所要時間も通常なら2時間30分~3時間のところ、6時間というところもあるようです。

江東花火大会で屋形船を予約する場合は、以下の点をご留意ください。

  • 料金は例年28,000円(税別)以上
  • お料理は特製弁当もしくは通常の会席料理のところもあり
  • 貸切屋形船は25名~40名以上からが多い
  • 貸切屋形船の予約は1年前から、乗合貸切船はGW明けからが目安
  • 花火大会順延の場合は船宿で対応が異なるので事前確認を!

江東花火大会の屋形船乗船場所について

江戸川だけではなく、品川エリアやお台場エリアから出船する屋形船もあります。詳しくは「屋形船の達人」へおたずねください。

<江東花火大会会場概要>
開催日:2023年例年8月11日(金・祝) 19時~20時
ホームぺージ
■荒川・砂町水辺公園(東京都江東区東砂8-22あたり)
東京メトロ「南砂町」駅から徒歩約15分程度

≫東京の屋形船で花火大会大会を楽しむには?予約方法解説

▼屋形船で隅田川の花火を楽しむシリーズ
特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!
歴史は浅いが都内屈指の規模を誇る「東京湾大華火祭」【現在休止中】
間近に打ちあがるのが魅力!「江東花火大会」
夏の花火大会はここからスタート!「足立の花火大会」
柴又帝釈天のおひざ元!「葛飾納涼花火大会」は屋形船もOK?
実は観客動員数日本一!?「江戸川花火大会」
約1万2千発が夜空を彩る「いたばし花火大会」
地元が力を合わせて盛り上げる「北区花火会」
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!TOPへ

関連記事

  1. 江戸風鈴・絵付け

    オススメ情報

    屋形船の前に東京街歩き!音を愛でる文化を今に伝える「江戸風鈴」絵付け&人気の柄編

    いまも江戸時代からの伝統的な技法で風鈴を作り続けている「篠原風鈴本舗」…

  2. 東京の花火大会・北区花火会

    オススメ情報

    秋の風物詩として人気、地元が力を合わせて盛り上げる「北区花火会」

    2022年に3年ぶり開催となった北区花火会。行動制限がなくなった202…

  3. 屋形船から勝どき橋を臨む

    オススメ情報

    実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」

    「勝鬨橋(かちどきばし)」は、隅田川やお台場を周航する屋形船の定番スポ…

  4. お花見屋形船

    オススメ情報

    お花見を屋形船で楽しみたい!いつまでに予約するべき?【2024年度版】

    2020年の東京開花予測は3月19日頃。満開は3月27日頃と発表があり…

  5. 夕暮れに浮かぶレインボーブリッジ

    オススメ情報

    映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」

    「レインボーブリッジ」は見ごたえがあって、東京・屋形船の隅田川周航ルー…

  6. 浴衣を着て屋形船に乗ろう

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て屋形船に乗ろう!(5)浴衣の帯を締める編

    浴衣の着付けにチャレンジする編集部女子2名。いよいよ最後の帯を結ぶとこ…

最近の記事

  1. 2017年の隅田川・桜の様子
  2. お花見屋形船
  3. 屋形船花火大会
  4. 江東花火大会
  5. 東京の花火大会・北区花火会
PAGE TOP