ページトップへ

三社祭は、浅草寺横の、浅草神社で開催されるお祭。浅草が一番にぎわう時期です。

3つの神輿が街をめぐります。浅草っ子が見せる粋な姿にもご注目

屋形船の達人
WEBでお問合せ

屋形船の達人

三社祭

浅草の街が盛り上がる!浅草神社例大祭

三社祭は毎年5月に行われる浅草の風物詩。浅草神社の例大祭です。もともとは正和元年(1312年)に行われた舟祭が起源といわれる歴史のあるお祭りです。

一番の見どころは、やはり浅草神社の氏子たちが威勢のよい掛け声を上げながら担いで練り歩く神輿でしょう。
本社の神輿3基がめぐる範囲は非常に広いですが、回るルートと各ポイントの予想通過時間がネットで公開されますので、それを参考にして街をぶらぶら歩いてみるのもいいかもしれません。
大通りで見物するのもおもしろいですが、狭い道だと担ぎ手たちの熱気をより近くに感じられて、圧倒されますよ!

さらに、沿道に集まった大勢の観光客も一体となって、祭りを盛り上げます。半纏を身につけた粋でいなせな浅草っ子たちの姿には、外国人観光客も大喜び。 一斉にカメラを向ける様子などは、観光地・浅草ならではの光景です。

三社祭と屋形船の意外な関係

三社祭が700年目を迎えた2012年には、この祭の起源とされる『舟渡御』という行事がほぼ半世紀ぶりに斎行されました。
三社の神輿を船で運ぶというものですが、この儀式の復活にあたっては「屋形船東京都協同組合」の関係者が尽力されたそうです。 そのおかげで成功裏に終わったとのことで、さすがは船のプロですね。

お祭りのあとも楽しみたくさん!

お祭り見物に満足したら、浅草の町でひと休み。浅草神社周辺は観光の中心地ですので、グルメスポットもたくさんあります。

有名天丼屋さんの海老天丼を食べたり、老舗の蕎麦屋さんに並んだり、甘味屋さんの絶品粟ぜんざいを楽しんだり…。
そのあとはショッピングもいいですね。浅草寺参道の仲見世はもちろんのこと、その周辺にも大きな商店街が広がっています。 名物・雷おこしや、かわいい和小物などもおみやげによさそうです。

上野のパンダ大好き ライターKのイキで、イナセな、「下町風景」

警備のお巡りさんもたくさん。おつかれさまです!
警備のお巡りさんもたくさん。おつかれさまです!
三社祭
場所 浅草神社および周辺
開催日 毎年5月第3週の金・土・日曜日
ちょうど雷門前からお神輿が出発するところ。いつも以上の大混雑!
ちょうど雷門前からお神輿が出発するところ。いつも以上の大混雑!
お神輿を担いで、いせいよく町内を練り歩く浅草っこたち
お神輿を担いで、いせいよく町内を練り歩く浅草っこたち

まずは、お気軽にご相談ください!

屋形船の達人コールセンター

03-5728-8417[受付時間]平日9:00~18:00
03-5728-8417[受付時間]平日9:00~18:00
お気軽にご相談ください!