実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」

オススメ情報

屋形船から勝どき橋を臨む

屋形船から勝どき橋を臨む

勝どき橋は築地近辺から隅田川の対岸・勝どきへわたる橋で、晴海通りが通っています。 全長246メートルですが、実はそのうち中央部の80メートルが上にはねあがる可動式の設計となっています。

「勝どき橋が動くなんて知らなかった」と思われる方も多いことでしょう。

それもそのはず、完成した昭和15年当時は1日5回20分ずつ開いて大型船を通していましたが、 橋上の交通が激化。また東京港の整備で大型船の通行がなくなったため、昭和43年以降は通常開閉はなくなりました。

今は屋形船や水上バスなど、下を通れる小さめの船のみが通過します。

この開閉部分を再び動かそうと言う運動はあるようですが、機械部分の復旧に莫大な費用がかかることなどから、実現の見込みはたっていません。

勝どき橋の裏側が見られる見学会も

夜の勝どき橋と屋形船。この橋、ドラマで見たことがあるはず

夜の勝どき橋と屋形船。この橋、ドラマで見たことがあるはず

竣工は昭和15年で、当時予定されていた万国博覧会へのメインゲートとして利用するために、当時の最先端技術の粋を集めて建造されました。 すべて日本人による設計であるのも特徴です。

築地には「かちどき 橋の資料館」という場所があり、関東大震災の復興橋梁などの関連資料が閲覧できます。

また、橋脚内にある開閉していた当時のままの機械設備を見学できる会も定期的に開催されています(事前予約要)。

ちなみに、勝どき橋は同じ隅田川にかかる永代橋、清洲橋とともに平成19年に国の重要文化財に指定されました。

■勝どき橋
住所:東京都中央区築地6丁目~勝どき1丁目

≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

▼屋形船で隅田川を遊覧「必見!橋5編」
映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」
実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」へ
忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」
橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」
浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!Topへ

関連記事

  1. 着物コーディネート人気投票

    オススメ情報

    どんな服装で屋形船に乗る?注目の着物イベント突撃取材(3)人気の着物コーディネートご紹介編

    着物のコーディネートが知りたい!そんな人のために、「2018年きものサ…

  2. 隅田川花火大会

    オススメ情報

    【2019年】特等席で観る「隅田川花火大会」は屋形船の特権!

    東京都内で開催される花火大会は数々あれど、夏の風物詩として最も注目を集…

  3. クルーズ参加レポート

    オススメ情報

    訪日外国人向け「東京“屋形船”ナイトクルーズ・エンタテイメント」を一足お先に体験!

    屋形船に乗るならぜひ品川出発で!東京水辺のレジャーをたっぷり楽しめる訪…

  4. 富岡八幡宮に参拝

    オススメ情報

    江戸情緒漂う観光名所がずらり!門前仲町

    隅田川で屋形船を楽しむ前に、東京観光を楽しんでみませんか?門前仲町を中…

  5. いよいよ浴衣を着ます編

    オススメ情報

    自分で浴衣を着て屋形船に乗ろう!(3)浴衣をはおり腰紐を結ぶ編

    自分で浴衣を着るって難しい?頑張ってみたけど着崩れたり、苦しくて途中脱…

  6. 江戸風鈴・絵付け

    オススメ情報

    屋形船の前に東京街歩き!音を愛でる文化を今に伝える「江戸風鈴」絵付け&人気の柄編

    いまも江戸時代からの伝統的な技法で風鈴を作り続けている「篠原風鈴本舗」…

最近の記事

  1. 屋形船で安心・安全に会食を楽しもう
  2. 屋形船の船宿が取り組むコロナ対策について
  3. 2017年の隅田川・桜の様子
  4. お花見屋形船
  5. 品川船宿が集まる船溜まり
PAGE TOP