実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」

オススメ情報

屋形船から勝どき橋を臨む

屋形船から勝どき橋を臨む

勝どき橋は築地近辺から隅田川の対岸・勝どきへわたる橋で、晴海通りが通っています。 全長246メートルですが、実はそのうち中央部の80メートルが上にはねあがる可動式の設計となっています。

「勝どき橋が動くなんて知らなかった」と思われる方も多いことでしょう。

それもそのはず、完成した昭和15年当時は1日5回20分ずつ開いて大型船を通していましたが、 橋上の交通が激化。また東京港の整備で大型船の通行がなくなったため、昭和43年以降は通常開閉はなくなりました。

今は屋形船や水上バスなど、下を通れる小さめの船のみが通過します。

この開閉部分を再び動かそうと言う運動はあるようですが、機械部分の復旧に莫大な費用がかかることなどから、実現の見込みはたっていません。

勝どき橋の裏側が見られる見学会も

夜の勝どき橋と屋形船。この橋、ドラマで見たことがあるはず

夜の勝どき橋と屋形船。この橋、ドラマで見たことがあるはず

竣工は昭和15年で、当時予定されていた万国博覧会へのメインゲートとして利用するために、当時の最先端技術の粋を集めて建造されました。 すべて日本人による設計であるのも特徴です。

築地には「かちどき 橋の資料館」という場所があり、関東大震災の復興橋梁などの関連資料が閲覧できます。

また、橋脚内にある開閉していた当時のままの機械設備を見学できる会も定期的に開催されています(事前予約要)。

ちなみに、勝どき橋は同じ隅田川にかかる永代橋、清洲橋とともに平成19年に国の重要文化財に指定されました。

■勝どき橋
住所:東京都中央区築地6丁目~勝どき1丁目

≫東京の屋形船「料金・乗り場・料理」船から見えるビューポイントは?

▼屋形船で隅田川を遊覧「必見!橋5編」
映画やドラマにも出てくる有名な橋「レインボーブリッジ」
実は可動式だった隅田川に架かる「勝どき橋」へ
忠臣蔵の舞台のひとつ隅田川の「永代橋」
橋の名前は地名から隅田川の「清洲橋」
浅草観光の中心「吾妻橋」目の前はアサヒビール本社
≫【保存版】隅田川×屋形船はこうして楽しむ!Topへ

関連記事

  1. 天王洲アイルイベントレポート
  2. 江戸芸かっぽれ体験

    オススメ情報

    ミュージカル『刀剣乱舞』にも登場した「江戸芸かっぽれ」って何?亀戸で踊ってきた!【前編】

    江戸の粋な伝統・文化を受け継ぐ庶民の踊り「江戸芸かっぽれ」を体験してき…

  3. 屋形船の服装におすすめな着物

    オススメ情報

    どんな服装で屋形船に乗る?注目の着物イベント突撃取材(1)昔の着物と今の着物編

    屋形船には着物が似合う!でも普段あまり着慣れていないゆえに、どんな風に…

  4. 一般的なマイクロバス

    オススメ情報

    屋形船の乗り場まで貸切マイクロバスで送迎が便利!何人乗れる?料金はいくら?

    屋形船の乗り場まで貸切バスで送迎してもらえるとラクラク!自宅近くから出…

  5. 葛飾納涼花火大会

    オススメ情報

    柴又帝釈天のおひざ元!「葛飾納涼花火大会」は屋形船もOK?

    2019年葛西花火大会開催決定!開催日:2019年7月23日(…

  6. 墨堤さくらまつり

    オススメ情報

    隅田川で屋形船を楽しんだ後は「墨堤さくらまつり」へ

    隅田川の花見は、江戸情緒あふれる「屋形船」で。特に、スカイツリー側の桜…

最近の記事

  1. お花見屋形船
  2. クルーズ参加レポート
  3. 天王洲アイルイベントレポート
  4. 天王洲キャナルフェス2019
  5. 東京の花火大会・北区花火会
PAGE TOP