ページトップへ

浅草演芸ホールは、古くから愛される庶民の娯楽。

いまや数少ない寄席のひとつです。浅草の雰囲気を味わいたいならココ。

屋形船の達人
WEBでお問合せ

屋形船の達人

浅草演芸ホール・落語

貴重な常設の寄席・浅草演芸ホール

昔から続く下町の娯楽の殿堂といえば、やっぱり寄席。

浅草演芸ホールでは毎日のように落語や漫才、マジックなどを見ることができます。 予約は不要で、座席さえ空いていれば、いつでもふらっと行って見ることができる気楽さも魅力。

滑稽話で大笑いしたり、人情話にほろりとしたりと、プロたちの話芸を堪能できること間違いなし!

テレビでよくみる人気漫才師が出演することもあるので、浅草演芸ホールのWebサイトで出演者を事前にチェックしてみるのもいいかもしれません。

実際に落語を聞いてみる!

落語というと、古い話でとっつきにくいと思われるかもしれませんが、噺家さんの中には「新作」という、 いわゆる現代を舞台にしたお話を得意とする方もいらっしゃいますし、古典落語でも昔の風習などは、最初にさりげなく説明してくれたりするので、意外とすんなり頭に入ってきますよ。

一般的に主任(いわゆるトリ)は、人気のある噺家さんが務めることが多く、主席がお目当てのお客さんは、番組の最後のほうにやってくることも。
ただ、人気のある噺家さんですと、早い時間に行かないと満席で立ち見なんてこともあるので注意が必要ですね。

古典落語では、隅田川(昔は大川と呼んでいました)や、舟の話もよく登場します。やはり、下町文化と隅田川は昔から切っても切れない関係なんですね。

上野のパンダ大好き ライターKのイキで、イナセな、「下町風景」

ペンギンのプールの中に人がいる!お掃除中でしょうか?
六区通りに、欽ちゃん発見!六区のこの通りは、浅草ゆかりの有名芸人・文人の肖像がずらり。浅草の六区通りは、100メートルくらい。上を見ながら散策はいかが?
浅草演芸ホール
アクセス 地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩3分
つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩10分
住所 東京都台東区浅草1-43-12
時間 11:40~21:00
最寄りの乗船場 浅草エリア船宿、吾妻橋乗船場
浅草演芸ホール前。威勢のいい呼び込みの声が聞こえます
浅草演芸ホール前。威勢のいい呼び込みの声が聞こえます。
当日の出演者が確認できます
当日の出演者が確認できます
隣は漫才の興行が中心の「東洋館」
隣は漫才の興行が中心の「東洋館」

まずは、お気軽にご相談ください!

屋形船の達人コールセンター

03-5728-8417[受付時間]平日9:00~18:00
03-5728-8417[受付時間]平日9:00~18:00
お気軽にご相談ください!