深川散歩のすすめ~オシャレカフェ街として人気急上昇の清澄白河

東京の屋形船

屋形船のお台場周遊コースで利用される越中島乗船場は江東区の深川地域に位置します。深川は江戸時代の下町の雰囲気が色濃い町です。

また、少し歩けば清澄白河のオシャレなカフェや東京都現代美術館があったりと、見どころが多いです。夕方、越中島で屋形船に乗る前に深川散策はいかがでしょうか。

深川江戸資料館に行こう

深川江戸資料館
まずは清澄白河駅で降りて、深川江戸資料館に行きましょう。
この資料館では地下1階から地下2階までの吹き抜け空間に、江戸時代末の深川佐賀町の町並みを実物大で再現しています。
庶民が住んでいた長屋や火の見やぐら、水上タクシーとして利用されていた猪牙舟(ちょきぶね)などが細部にいたるまで再現されています。現代では屋形船のイメージが強いですが、当時の船宿はこの猪牙舟の営業所だったんですね!

天井が高くてとても広い空間なので、本当に江戸の下町を歩いているような気分に浸れます。実際に長屋の軒下に座ったり展示物を触ることも可能なので、お子さん連れの方は特に楽しめそうです。
ボランティアのガイドさんが展示の解説をしてくれます。

●深川江戸資料館
・観覧料
大人(高校生を含む):400円 小・中学生:50円
・営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
・休館日:第2・4月曜日(祝日とかさなった場合は翌日)、年末年始、臨時休館(設備点検・展示替え等)
・住所:〒135-0021 東京都江東区白河1-3-28
・TEL: 03-3630-8625

名物深川めしを食す

深川めし
お昼は深川めしがおすすめです。深川めしはザックリと切ったネギと生のあさりを味噌で煮込んでごはんにかけたもので、深川丼とも呼びます。
江戸時代、深川は漁師の町として栄え、特にあさりやカキが豊富に採れたそうです。漁の合間に手早く作れて、おいしく栄養価も高い深川めしは漁師のまかない飯として人気でした。

今現在も深川周辺ではこの深川めしを出すお店が軒を連ねています。私も「深川釜匠」というお店で深川丼をいただきました。
どんぶり一杯に大量のあさり、あさり、あさり…でなかなかごはんにたどり着かないほどのあさりが入っています。お店の方にいくつあさりが入っているのか聞いてみたのですがとにかく大量にいれているので正確な数は分からないそうです…。
贅沢なあさり雑炊、といった感じでおいしいですよ!あさり好きの方にはたまらない一品です。

汁に浸かった元祖深川めしの他に、あさりの炊き込みご飯のタイプの深川めしもあります。どちらも人気で、お店によって個性やこだわりがあるようです。

珈琲でお洒落に一休み

ブルーボトルコーヒー

お腹いっぱいになった後は、少し歩いてからカフェで休憩しましょう。清澄白河はコーヒー界のアップルと名高いブルーボトルコーヒーをはじめとしたハイセンスなカフェが立ち並び、新たな注目スポットになりつつあります。
ブルーボトルコーヒーといえばオープン初日3時間待ちの行列で話題になりましたね。私は平日昼過ぎに突撃したところ待たずに入ることが出来ました!
休日はいまだに行列になることもあるらしいので平日が狙い目です。

カフェラテを
ラテアートが綺麗なカフェラテをいただきました。
ブルーボトルといえばハンドドリップで一杯ずつ淹れてくれるドリップコーヒーが有名ですが、エスプレッソを使ったカフェラテやカプチーノもとてもおいしいのでおススメ。ミルクの風味が強いのでコーヒーが苦手な方も飲むことが出来そうです。
ブルーボトル周辺には流行のサードウェーブコーヒーを出すお店が多く存在しますので、コーヒー好きの方はハシゴも楽しいかもしれません。

●ブルーボトルコーヒー清澄白河 ロースタリー&カフェ
・営業時間:8:00~19:00
・定休日:年中無休
・住所:東京都江東区平野1-4-8
・TEL:非公開

ブルーボトル周辺のカフェ紹介

フカダソウカフェ

●フカダソウカフェ
・営業時間:土・日 14:00~19:00 月・金 17:00~21:00
・定休日:不定休
・住所:東京都江東区平野1-9-7
・TEL:非公開

※営業時間が土日、月金と少ないので注意して下さい!

ARiSE(アライズ)

●ARiSE(アライズ)
・営業時間:9:30~18:00
・定休日:月曜日
・住所:東京都江東区平野1-13-8
・TEL: 03-3643-3601

ブルーボトルのすぐ近くにあるので混んでいるときはこちらに行くのもおすすめです。

越中島までウォーキング!

カフェで思う存分くつろいだ後は、いよいよ屋形船に乗りましょう!ブルーボトルコーヒーから越中島乗船場までは徒歩で20分、屋形船でごちそうを食べる前のちょうどいい運動になりそうです。
清澄庭園では不定期でライトアップも行われているので屋形船に乗った後にしっぽり夜の散歩も素敵ですね。
清澄庭園
いかがでしたか?今回紹介したコース以外にも、カフェをはしごしたり、東京都現代美術館に行ったり、清澄庭園で紅葉を楽しんだり…楽しみ方はほかにも色々あります。せっかくの機会ですので、屋形船に乗る前に深川周辺を散歩してみてくださいね。

≫深川・門前仲町・清澄白河×屋形船はこうして楽しむ!

▼東京×屋形船「ツゥな遊び方」

関連記事

  1. 東京の屋形船

    浅草が舞台の映画たち

    浅草は昭和レトロな街並みが色濃く残る、フォトジェニックな街。その街並み…

  2. 東京の屋形船

    品川と新橋に挟まれた街、浜松町を歩く

    浜松町というとどのようなイメージが浮かびますか?オフィス街、東京タワー…

  3. 東京の屋形船

    浅草スイーツ新名所!屋形船に乗る前の3時のおやつに最適

    屋形船に乗る前に浅草観光で小腹がすいたら、3時のおやつに浅草スイーツを…

  4. 江戸前天ぷら

    東京の屋形船

    屋形船で出される天ぷら「江戸前天ぷら」はここが違う!!

    屋形船の醍醐味の一つは、旬の素材を使った江戸前の天ぷら。江戸前天ぷらは…

  5. 東京の屋形船

    子連れで屋形船に乗る方には、お台場パレットタウン乗船場がオススメ!

    お台場には子供と一緒に行くと楽しめる場所がたくさんあります。屋形船に乗…

  6. 東京の屋形船

    深川七福神めぐりに行ってきた

    屋形船の越中島乗り場からもほど近い、深川の七福神。新年会で屋形船にのる…

最近の記事

  1. お花見屋形船
  2. クルーズ参加レポート
  3. 天王洲アイルイベントレポート
  4. 天王洲キャナルフェス2019
  5. 東京の花火大会・北区花火会
PAGE TOP